男性にもぜひおすすめしたい、日焼けを予防するための3つの方法

日焼け止めをしているのになぜか日に焼ける。

いやいや、まず第一に日焼け止めは女性が使用するものであって男が使用するものではない。

外回りの仕事のあとや太陽の下で遊ぶとなんだか疲れやすい。

このようなことを考えたり感じていませんか?

今回は最近急増中の美意識の高い男性の皆様に向けて、なぜ日焼け止めが必要なのかを説明し、ぜひお勧めしたい日焼け止めの方法をお伝えします。

1)そもそも日焼けとは

太陽光線のなかの紫外線による皮膚の炎症です。

紫外線は波長によってUV-A、UV-B、UV-Cに分類されます。

この中でもオゾン層などの働きにより地表へ届くのは、皆さんもご存じの通りUV-A、UV-Bです。

UV-Aによってメラニンが生成され、色素沈着が起こります。

このメラニン色素はシミやそばかすの元となり、皮膚の光老化の原因となります。

光老化:UV-Aが皮膚の真皮層まで届くことによって、真皮層のなかにある弾性繊維(皮膚のハリを保っている)が破壊されるされることによるしわやたるみの発生のこと

UV-Bは皮膚細胞のDNAに傷を作ります。その傷を修復しようとする過程で色素が沈着しシミやくすみとなります。

UV-Bを浴びる→皮膚が炎症を起こして赤くなりヒリヒリする→水泡ができることもあるor1週間ほどで皮がむける

*UV-Bの日焼けによる皮膚細胞のDNA損傷が皮膚がんの原因になるとも言われています。

一言で日焼けと言っても、紫外線により皮膚が赤くなる「サンバーン Sunburn」と、そのあとに皮膚が黒く変化する「サンタン Suntan」が合わさって日焼けといいます。

ざっくりいうと、日焼けとは皮膚のやけどとそのあとに起こるメラニンの増加のことです。

メラニンってよく聞くけど、お肌の大敵なんでしょ?

lamilaho

確かにメラニンにはいいイメージがありませんよね。
でも、実は、メラニンは紫外線を非常によく吸収するため、次の紫外線を大量に浴びる時に備えた防御機構なんです。
メラニンが紫外線を吸収してくれることによりDNAの傷を防いでくれるということですね。
それでもやはりメラニンは増やしたくないですけど。

2)日焼けと疲労

皆さんにもこのような経験があるのではないでしょうか?

幼少期にプールや海で遊んだ後のけだるさや眠気!!

はい、この疲労感は紫外線を大量に浴びることも原因の一つです。

皆さん、活性酸素という言葉を知っていますか?

活性酸素は体内の代謝活動において作られ、免疫作用を維持するためには必要不可欠なのですが、過剰に増えると正常な細胞を傷つけ疲労物質を生み出すと言われています

*活性酸素による免疫作用の維持:体内に細菌やウイルスが侵入してきた時に酸化作用で攻撃してくれること

なぜ日焼けの時に活性酸素が発生するの?

一言でいうと生体防御反応です。

皮膚は紫外線を浴びるとメラニン色素を生成し、紫外線から皮膚を守ろうとします。

このメラニン色素が生成される時に大量の活性酸素が発生します。

また、日焼けをしている状態の時は体内が水分不足となっています。

水分不足により血流が悪くなり、疲労物質の回収・代謝分解がされにくいことも疲労の原因と言われています。

これらのことから、日焼け後になぜ疲労感を感じやすくなるのかが理解できたのではないでしょうか?

3)日焼けと白内障

皆さん、目から日焼けするということを知ってますか?

lamilaho

目から入ってきた紫外線を感知した脳が、生体防御反応で体内にメラニン色素を生成するためです!!

*図を見ていただくと、目から入ってきた光がダイレクトに脳へ伝わっていく様子が分かりやすいかと思います。

日焼けした時に目が充血したり、痛かった経験はありませんか?

それは実は日焼けによる目の急性期症状なのです。紫外線による炎症を起こしている状態です。

加齢や糖尿病などの病気、遺伝など様々な原因があるのですが、白内障の原因の一つに紫外線によるダメージもあります。

オゾン層が破壊され地球に降り注ぐ紫外線の量は増えています。

海外では紫外線量が増えているため白内障や皮膚がんを患う患者さんが増えているとも言われていますし、医療の現場で働くlamilaho的には、白内障を患う患者さんの若年化を感じています。

加齢や遺伝的な要素は防ぎようがありませんが、目へのダメージを減らすための紫外線対策はできますよね?

4)男性にもお勧めしたい、日焼け止めの3つの方法

①何をおいても日焼け止め

液状やクリーム状など様々なタイプがあります。

どのタイプの日焼け止めにも紫外線防止剤が含まれており、紫外線防止剤は紫外線散乱剤紫外線吸収剤の2つに分かれています。

特徴としては、紫外線散乱剤は粉末が紫外線を散乱してくれます。塗った時に白く見えてしまいます。

紫外線吸収剤は化合物自体が紫外線を吸収してくれます。塗った時に白くなりません。残念ながらかぶれる人もいます

SPF(Sun Protection Factor) 数字で表記PA(Protection grade of UV-A) +から+++
UV-Bを防ぐ指標UV-Aを防ぐ指標
UV-B照射により翌日生じる赤みを
指標にして検出
紫外線照射直後からメラニンの酸化で起こる
即時型黒化という反応を指標
SPFとPAについて

最近では男性化粧品の普及で比較的男性でも抵抗なくお化粧をする方も増えています。

私はお肌を守ったり、清潔感を維持するためにも男性のお化粧はお勧めします。

男性用のBBクリームなども販売されていますしね。

お店で購入することに抵抗がある方は、通信販売などを利用してみてはどうでしょうか?

お化粧にはまだまだ抵抗があるという方は、日焼け止め使用することから始めてみてはどうでしょうか?

lamilahoは、首の周りへの日焼け止めをうっかり塗り忘れて、炎天下の中で1時間ほど過ごし、帰宅後いつも以上にぐったりだったことを経験したため、外で働く夫に日焼け止めを勧めて使用してもらっています。

サングラス

海外の人たちは比較的サングラスを使用していますよね?

日本人のlamilahoにとって日常的にサングラスをかけることにはかなりの抵抗がありました。

だって、周りにサングラスを使用している人が圧倒的に少なかったから。

私の友人が、職場の同僚が出勤している時にサングラスをかけていたのを見て、「出勤の時の数分でカッコつけてサングラスなんかしなくてもいいのに。」と言ってたのを聞いて尚更。

しかし、ダイビングで知り合った友人から“目から日焼けする”というお話を聞いてからは、サングラスを使用することにしました。

そのあと日差しが強いアフリカへ移住してからは常にサングラスを使用し、沖縄へ移住してからもサングラスを愛用しています。

沖縄では、曇っていてもあり得ないくらい日焼けします。紫外線がサンサンと降り注いでいるということですね。

問題はサングラス選び。

目の周囲も覆う大き目のレンズで、レンズカラーは薄い色をお勧めします。

猫の目を見たことありますか?

暗くなると黒目がまんまる。

これは暗い所でも光を最大限に取り入れるためです。

これをサングラスに例えると、色の濃いサングラスをかけている時は光を取り入れようと瞳孔が散大しています。

この時隙間から紫外線が入ってきたらどうなるでしょう?

散大した瞳孔から多くの紫外線が入っていき、容易に目が日焼けすることが想像できるかと思います。

ですので目をケアするためにサングラスのレンズカラーは薄色を選んでください。

lamilahoは個人的に北欧デンマーク発のサングラスブランド“MessyWeekend”をお勧めします。

★なぜMessyWeekend?

1)北欧デザイン

すべてコペンハーゲンでデザインされています。北欧の夏は日が落ちるのが22時を過ぎてから。 一日が長い北欧の夏や静かな冬などの北欧の自然にインスパイアされたミニマリズムを基調とし、 同時に流行も意識したクールなデザインです。

2)高品質・低価格

納得できる良い素材のみを直接仕入れ、信頼のおける工場で生産しています。 生産を依頼する工場は、すべて、環境や働く人の権利を大切にしています。 また、サングラスはすべてUV400で、紫外線をしっかりとカットします。

3)社会貢献

商品の生産過程で環境や働く人に負荷のかからないよう配慮するだけでなく、 すべての商品の売り上げの一部を海洋プラスチックゴミの清掃活動を行うNGO ProArtso(プロアルツォ)に寄付しています。



サプリメント

lamilahoは日常生活の中にサプリメントを取り入れることを強くお勧めしています。

疲労物質である活性酸素を除去するには多量のビタミンCが必要です。

また、美肌を保ち維持していくためには様々なビタミン類やミネラルが必要とされています。

残念ながら現代の食事だけでは補いきれないのが現状です。

日焼けなどによる紫外線の多大なストレスにより、消費する量のほうが多いと感じています。

日焼けによる身体の酸化を防ぎ、老化を食い止めるためにlamilahoはサプリメントを取り入れています。

最近は飲むUVカットサプリメントによるケア方法が人気のようです。もちろん男性にも人気があります。

海外のサプリメントもお勧めしています。

私のホームページでも個人輸入代行として商品を紹介していますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

皆様の素敵な人生のお手伝いができれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA